このページではJavaScriptを使用しています。
会社情報 製品情報 採用情報
SCORM(Sharable Content Object Reference Model)について

SCORMとは、eラーニングのプラットフォームと教材の標準規格です。
SCORMとはSharable Content Object Reference Modelの略で、LMS(プラットフォーム)とコンテンツ(教材)間のデータのやり取りやインターフェースについて規定した標準規格です。
eラーニングでは通常のWebサイトのようにHTMLで書かれたページを表示するだけではなく、演習問題の表示、正誤判定、採点、学習時間の記録などを行う必要があります。
SCORMはこのような、LMSとコンテンツ間のデータのやり取りやインターフェースについて規定した標準規格です。

SCORM規格が普及すれば、利用者は多くのコンテンツベンダーの教材を自社で利用しているLMSで使用することが出来ますので、多くの選択肢の中からよりよい教材を選ぶことが可能になります。

アメリカの標準化団体ADL(Advanced Distributed Learning Initiative)が策定し、その後何度か改訂されています。日本では日本イーラーニングコンソシアムSCORMの認証制度を行っています。


■SCORMプロダクト認証(標準規格の目標)
  • LMS/コンテンツ間の相互運用性の確保。
  • コンテンツの再利用、分類、統合管理。
  • eラーニングとしての必要(標準)機能の提供。
  • 国際標準規格の適合マークによる安心感。
  • 国際標準規格に準拠による品質の向上。
「教材(コース)」に関する認証   「学習管理システム」に関する認証   「人」に関する認証


■SCORMプロダクト認証(RTEとは?)

コンテンツSCO-RTE1 コンテンツSCO-RTE2 コンテンツSCO-RTE3
LMS-RTE1 × ×
LMS-RTE2
LMS-RTE3

○:LMSはコンテンツの全機能をカバーしている。コンテンツの全機能が動作する。
△:LMSがコンテンツの使用しているオプションをサポートしていない場合は、コンテンツの該当機能は動作しない。
LMSおよびコンテンツがどのオプションをサポートまたは使用しているかは各製品の仕様による。
×: コンテンツが使用しているオプション機能は動作しない。


eLC認証 SCORM LMS No.06-0001 2006年7月7日株式会社キバンのeLearning Manager3.0が日本イーラーニングコンソシアムの認証するSCORM1.2適合試験に合格しました。
適合レベルは最高のLMS-RTE3です。
SCORMに対応しているコンテンツであれば、全ての教材コンテンツを載せることが可能であることが日本イーラーニングコンソシアムによって認められました。


■SCORMプロダクト認証(認証の仕組)

SCORMプロダクト認証の仕組図


■SCORMアセッサとは

【目的】
  • SCORM適合コンテンツ作成のプロの育成・SCORM適合コンテンツの開発と相互運用性問題への対応
  • eLCへSCORM適合コンテンツの認証申請できる権限・相互運用性トラブル発生時の解決の責任
  • アセッサコミュニティへの参加

【SCORMアセッサの必要スキル】
  • SCORMアセッサ資格制度について理解している
  • SCORM適合コンテンツをeLCに申請できる
  • SCORM(コンテンツアグリゲーション・ランタイム環境・LOMなど)を理解しているSCORM適合コンテンツを作成できる
  • SCORM適合コンテンツを作成するのに必要なJavaScript・XMLについての知識がある
  • Web、HTML記述についての知識がある
  • 相互運用性を向上させるためのポイントを理解している
  • 相互運用性問題が発生した場合に対処ができる

弊社SCORMアセッサ紹介ページへ⇒


■認証取得のメリット

【認証取得のメリット(ユーザ)】
  • コンテンツの選択範囲の拡大
  • コンテンツ市場の拡大による質の向上
  • 流通量の拡大による価格低減
  • 相互運用性の確保により、安心して利用できる
  • eLCのWebサイトから容易に検索し、比較検討が可能

【ベンダ(教材作成者)にとってのメリット】
  • eLC認定マーク取得による社会的な信用度の向上
  • eLC認定マーク取得による宣伝効果
  • SCORMに準拠したLMSユーザーへの販路拡大
  • 標準規格に準拠しないことによる機会損失を防ぐ
  • DVD、書籍などの媒体から、eラーニング媒体への変更にともなうコスト削減や、配布の効率化
  • 相互運用性トラブル時の早期解決が図れる (マーク取得により、eLC、アセッサの協力が得られる)



納得!SCORM講座 基本編

※環境により、読み込みに時間がかかる場合があります。


この頁のTOPへ戻る

Member of eLC eLC認証 SCORM LMS No.06-0001:適合レベルLMS-RTE3 eLC認証 SCORM コンテンツ eLC認証 SCORM アセッサ ADL Partner ISMS、ISO/IEC27001 プライバシーマーク
eラーニングをすべての人に!株式会社KiBAN お問合せ サイトマップ