このページではJavaScriptを使用しています。
会社情報 製品情報 採用情報
用語集

  • eLCとは
  • 特定非営利活動法人日本イーラーニングコンソシアムの略称。呼称は「エルク」。

  • SCORMとは   SCORMについて、もっと知りたい人はこちら⇒
  • eラーニング教材から送信される学習状況の形式がバラバラですと、LMS(学習管理システム)では特定した教材しか利用できません。また、LMS(学習管理システム)を変更した場合も、今までの教材が使えないものになってしまう恐れがあります。教材と、LMS(学習管理システム)の相互運用性を保証するための国際標準規格がSCORMです。
    アメリカの標準化団体ADL(Advanced Distributed Learning Initiative)が策定し、その後何度か改訂されています。日本では日本イーラーニングコンソシアムSCORMの認証制度を行っています。

  • SCORMアセッサとは
  • 日本イーラーニングコンソシアム(eLC)が認定するSCORM規格と相互運用性ノウハウに習熟したコンテンツ開発技術者をSCORMアセッサといい、eLCが運営するSCORMアセッサを認定する資格制度をSCORMアセッサ資格制度という。eLCでは、SCORMアセッサを対象とした講習の実施やSCORMアセッサ認定を行っている。

  • ADLとは
  • 1997年に設置された米国の国防総省系組織。企業や団体として法人格を有している組織ではなく、国防総省の内部組織として、eラーニング規格の標準SCORM(Sharable Content Object Reference Model)を提唱し、世界にその採用を促している。

  • LMSとは
  • eラーニングの基盤となる管理システム。学習者のWebブラウザに教材コンテンツを配信するクライアントサーバシステム。

  • コンテンツとは
  • LMSに読みこまれる階層型コース構造、Webクライアント上で実行されるSCO(Shareable Content Object)、および、コース構造に付属するメタデータから構成されており、コース構造のXMLによる表現方法、および、SCOとLMSの間で演習問題の結果や学習経過時間を通信するためのデータ形式が規格として定められています。

  • イントラとASPの違い
  • ASPとは業務アプリケーションソフトを提供する事業者のことであり、ソフトを販売せず必要な機能だけをインターネットなどの通信回線を利用して貸し出す。ホームページの閲覧に使うブラウザさえあれば、いつでもどこからでも利用できるので、ユーザは自社でサーバを立てる必要もなく、ソフトウェアを導入する必要もない。また、運用管理もすべてプロバイダが行うので、ユーザは自社で運用・管理の手間をかけることなくシステムが利用できる。

この頁のTOPへ戻る

Member of eLC eLC認証 SCORM LMS No.06-0001:適合レベルLMS-RTE3 eLC認証 SCORM コンテンツ eLC認証 SCORM アセッサ ADL Partner ISMS、ISO/IEC27001 プライバシーマーク
eラーニングをすべての人に!株式会社KiBAN お問合せ サイトマップ