このページではJavaScriptを使用しています。
会社情報 製品情報 採用情報
第4章:国際標準規格SCORMは必要か?

私たちは最後発でeラーニング業界に参入しました。
eラーニングのすばらしさを、より多くの人に体験してもらいたいという思いでの参入でした。

そして独自にLMSやツールを開発するにあたり、SCORMという国際標準規格が重要になることを知りました。SCORMは、アメリカの国防総省のADL[ Advanced Distributed Learning ](http://www.adlnet.gov/)が制定したeラーニングに関する標準規格で、日本ではeラーニングコンソシアム(http://www.elc.or.jp/)が中心となり普及を進めています。

このSCORMに準拠していれば、下記の図のように、コンテンツメーカーと、LMSメーカーを個別に、自由に組み合わせて、ユーザーが最適なものを選択できることが分かりました。

SCORM規格 イメージ画像

この国際標準規格の考え方は、全ての工業製品に共通の考え方で、ネジとネジ穴が全て同じ規格で作られていなければ、さまざまな企業から部品を調達して機械を作るということができないのと同様です。必要な物はどこから調達しても同じ規格で使えること。そのためのSCORM規格なのです。
つまり、SCORMに準拠することがお客様の要望をかなえる最も良い方法になります。

私たちは、このSCORMという国際標準規格の可能性を信じ、SCORMを開発の軸として事業を進めています。

具体的には、SCORMに準拠した製品として、下記4分野で、SCORM対応を進めました。

●eラーニングシステム

eLearning Manager Mini
eLearning Manager 3.0
eLearning Manager 4U
日本:eラーニングコンソシアムより全製品、最高レベル認証(完全準拠 LMS-RTE-3に対応)。
SCORM認定LMS数で、日本一。
アメリカ:ADLで、ADL Partnerとして全製品認定。

●オーサリングツール

PPT2Flash Professional
QuizCreator
DemoCreator
WebVideoAuthor
PPT2Mobile
アメリカのADLで、ADL Partnerとして認定。(日本では、オーサリングツールの認定制度がありません)

●教材

ベリタス・アカデミー 5コース(約1400時間分)
ウォンツ 99コース(約250時間分)
コース数で、日本一

●SCORMアセッサ(SCORM専門家)

9名取得
取得者数で日本一。全社員取得を目指して取得に取り組む。

eラーニングの専門会社としての高い専門性と、開発した製品群を、第三者機関に認定していただいている事で、皆様に安心してeラーニングシステムを導入いただけるのではないかと考えています。

戻る 一覧に戻る 次へ

この頁のTOPへ戻る

Member of eLC eLC認証 SCORM LMS No.06-0001:適合レベルLMS-RTE3 eLC認証 SCORM コンテンツ eLC認証 SCORM アセッサ ADL Partner ISMS、ISO/IEC27001 プライバシーマーク
eラーニングをすべての人に!株式会社KiBAN お問合せ サイトマップ