このページではJavaScriptを使用しています。
会社情報 製品情報 採用情報
第12章:導入までの流れは?

eラーニングを始める理由や環境は、皆様それぞれに異なりますので、画一的なソフトやサービスだけでは、満足のゆく学習を実施することは難しいのが現状です。また、教材を電子化して配布するだけで、教育の成果が上がるわけではありません。
皆様に最適なeラーニングをコンサルテーションの上、提案いたします。 すみやかな学習のスタートのために、SCORMを熟知したスタッフ(SCORMアセッサ)が、皆様に最適なeラーニングをコンサルテーションの上、提案いたします。

●ASP方式

導入までには、3つの選択肢があります。最も簡単なのは、ASPサービスです。SaaS(サース型)サービスともいわれます。
サーバの購入や設定、ソフトウェアなどの面倒な設定が一切必要ありません。
まずは30日間の無料体験をおためしいただくことで、ご要望に合うか否か、見極めることが出来ます。 以下のeLM BOX方式もソフトウエアライセンス方式も、システムの機能はASPと同じなので、どれを検討していただいている方でも、30日間の無料体験で機能を確認することが出来ます。

●eLM BOX方式

ASPでの利用は、申し込み後、すぐに利用開始ができるため、大変便利で、おすすめなのですが、eラーニングを行うためには、人事データをeラーニングシステムに入力する必要があります。
会社のセキュリティ方針のために人事データを社外に出すことが出来ない場合や、eラーニングを社内のイントラネットで行いたい場合は、ASPは利用することが出来ません。

このような事情をもつ大企業向けにも、導入にかかる手間や心配を極力減らしていただくよう、ハードウェアとソフトウェアがすべてセットになった「eLM BOX」という商品を用意しました。
アプライアンス(専用ハードウェアとソフトウェアがセットになった製品)です。

導入にかかる手間、時間を最小限に抑え、教育そのものに時間や労力をかけられるように、弊社で最大限のサポートをします。導入後の面倒なシステム運用や管理も、KiBANが責任を持って行います。
ISMS、ISO27001取得しており、セキュリティ、個人情報保護対策も万全です。

●ソフトウエア・ライセンス方式

導入できるハードウェアに制約がある場合や、既存の資源を有効活用したいという場合には、LMSやLCMS、コンテンツ作成ツールのライセンス販売を行います。
最も一般的な方式とも言えます。時間をかけて、諸条件の整理が必要になります。

戻る 一覧に戻る 次へ

この頁のTOPへ戻る

Member of eLC eLC認証 SCORM LMS No.06-0001:適合レベルLMS-RTE3 eLC認証 SCORM コンテンツ eLC認証 SCORM アセッサ ADL Partner ISMS、ISO/IEC27001 プライバシーマーク
eラーニングをすべての人に!株式会社KiBAN お問合せ サイトマップ